取り付け例

ルーフテント新古品をトヨタアクアに取り付けました。

お車はトヨタのアクア。
大変人気のハイブリット車で、街中では大変多く見かけます。

ただ、屋根の形状的には丸く流線型となっており、とてもルーフテントが載せられるような思えないようなお車です。

ルーフキャリアから今回はご相談いただいていたので、キャリアはテルッツオを選定、バー長を1270mmにしてもらいました。
(アクアに関しては、INNOよりもテルッツオのほうがおすすめです)

カーショップによっては、商品を知らないのか、適合表記載通りの最低限の長さしかつけたがらないショップが多いのですが、今回もお客様のお近くの某〇〇〇ー〇。〇が非常に対応が悪く閉口しました・・・

車幅からはみ出しては当然ダメですが、バーは載せる物の大きさに合わせて変えて使うものです。メーカーもそれを想定して色々な長さのバーをラインナップしています。
よく適合表を読みこむとそういうことも書いてあるのですが、なにせちょっとでもリスクと感じたことはびびってやりたがらない現代の悪しき風潮を感じました・・・
「何がコンプライアンスだ!!よくそれでお客様に物を売る商売やってられるな!」と小さな声で言ってやりたいです。

結局弊社の近くのジェームス246玉川店さんにお願いしてお客様のお名前で予約してつけていただきました。その点ジェームスさんは納期の対応も早くいつも助かっています!予約すれば1時間もかからずにつけてくれます。

ウチでもお取り付けはしていますが、対応の良いお店があればそちらの方が良いと思います。
その点ジェームス246玉川店さんは安心してご紹介できます。代わりに予約もしますのでぜひお申し付けいただければと思います。

ルーフテントをお取り付けすると、アクアはこんな感じです。
NCM_0067 NCM_0066
小型の丸っこいお車なのでどうかな~とちょっと気になっていたのですが、なかなか様になってますね~

アクア取付事例

お客様の「たまらねえょ~このまま旅に出ちまうかな~」と大変ご満悦でこちらも嬉しくなってしまいます。

今回もサポートキャリアを存分に活用しました!

2本キャリアのみの状態(フロント側)ですとこんな感じです・・・
NCM_0057

ツッパリヤンキーのリーゼント頭のように飛び出してしまって、ルーフテント室内のフロント側に座った時には相当キャリアもテントもひしゃげてしまうと思われます・・・ちょっと怖いです。

アジャスタブルサポートキャリアを入れるとこんな感じです。
NCM_0059

これならルーフテント室内でどんな位置に座ろうが、どこに寝ようが、寝相がどんなに悪かろうが暴れようが全く問題ありません。

NCM_0060

リアにも1本入れたので、これでさらに安心してご使用できます。
ハッチバックにもぎりぎり当たりません。

何より、冷や冷や気を使っておっかなびっくり運転したり寝たりするよりも「普通にいつものように運転して、何も気を使うことなく寝ることができる」というのはとても大切なことだと思います。

ルーフテントのフロント側も外から見るとだいぶ張り出しているように見えますが、
運転席室内から見ると
NCM_0056
こんな感じです。乗り出して覗き込まないとルーフテントは見えません。
かえって常に日除けを載せて走っているような感じで、良いかもしれません。

お客様は大変喜ばれて、「釣りはいらねえよ!」なんて寅さんのようなことをおっしゃっていましたが(ちゃんとお返ししました)使ってまた喜んでいただけるのが私にとっては一番のご褒美です。

定年後の楽しみに、釣りに旅行に使い倒していただきたいと思います。
Sさんありがとうございました~