取り付け例

軽のウエイク、ワゴンRにルーフテントTOWERお取り付け


Oさんのウエイクには、すでにキャリアが4本積載されていたので、今回はサポートキャリア無しのお取り付けとなりました。軽自動車なので、支えとなるキャリアは当然多いほうが安心です。
すでにお持ちだったサイドオーニングをそのまま生かして取り付けます。


純正のベットキットや、サブバッテリーも既に装備済み、天井にルーフテントも載ってこれでばっちりですね。Oさんありがとうございました!
(ダイハツウエイク/TOWER積載時高さ2,120mm)


続いてはスズキを代表する車種「ワゴンR」にルーフテントを取り付けます!
リアにスポイラー等余計なアクセサリーがついていないので、リアハッチとの干渉もなく最大限後ろに下げて取付できます。屋根にすっぽり収まる違和感のないバランスです。
後ろからのハシゴの乗り下りも楽々可能です!

今回は前後を広く取って、中央にサポートキャリアを設置しました。
フラッシュタイプのエアロバーのキャリアでしたので、クリアランスが低いのでルーフレール車用の特殊仕様のサポートキャリアを設置します。


広げるとこんな感じ。部屋が一つできたような感じですね。

私は特に、軽自動車にルーフテントを載せると、コンパクトカーのスペースを最大限活用できた独特な満足感を感じます(^-^)
原付バイクをリミッターカットしてハイスピードプーリーをつける的な、制約を逆に楽しむ感じとでもいうのでしょうか。盆栽にも通じるようなこの感覚は日本人的なんでしょうね。
Sさまありがとうございました!
(スズキ ワゴンR/TOWER積載時車高1,895mm)