お客様の声

サポートキャリアをラジオアンテナへ改造!

先日「新型TOWER」をトヨタ カローラフィルダーにお取り付けしたMさんより、
とても面白い改造の写真をいただきましたのでご紹介させていただきます!

CIMG6957 CIMG6958

「お世話になります

私の住んでいる地域は山に囲まれているため、ラジオの受信状態が悪いので
車にも純正の短いアンテナではなく、トラック等で使われている長いアンテナに交換して使っていましたが、
ルーフテント装着後はそのアンテナが使えなくなってしまいました。
(ハッチバックドアを開けると完全に挟まってしまうため)

やむを得ず純正のアンテナに戻しましたが、やはり雑音がまじり聞くに堪えない状態に戻ってしまいましたw
そこでアンテナポールを取り外し、

アンテナベースとサポートキャリアをステンレスワイヤーで繋いでみたところ、非常に良好な結果となりました。

長いアンテナを付けていた時よりもクリアーな音で、十分満足できるものです。
ルーフテントによりアンテナが覆われてしまい、受信感度の低下が発生する場合には有効な方法だと思われます。 

また何か気づいたことがあれば連絡いたします。」

DSCN0540 DSCN0543

これはなかなかのアイデアですね\(◎o◎)/!
私もFMラジオの入りがあまり良くなくなってしまって、お気に入りの「NACK5」が入りにくいので、早速真似してみようかと思います!
Mさんありがとうございました!!

 

(追伸)

Mさんよりその後の報告がありましたので追記します。

「構造上まず大丈夫だと思うのですが、サポートキャリアが車体から電気的に完全に絶縁されていることが絶対条件となると思います 。

メインキャリアと車体、さらにメインキャリアとルーフテントの下部取付けレールが金属面で接しているような場合には、
おそらく使うことができないワザです(盛大な雑音が出るはずです)。」

さらにご報告をいただきました。

「お世話になります、追加の報告です。
昨日は雨の影響なのか、受信状態が非常に悪くなりました。 

カーオーディオに凝っている友人にこの件を訊いたので要約すると、
「うまくいったのは偶然、ほとんどの場合はは余計なノイズを拾いやすくなって雑音が増える。最近の車なら特にそうなる。
同じ車、同じ装備でも受信状態に違いが出るくらい実はアンテナって厄介なもの。

 特に屋根の上にこれだけ大きなモノを載せた場合は、エンジンのスパークプラグのノイズを
拾いやすくなるから迂闊なことすると悪化するのが普通。一番の理想はテントの屋根の上にアンテナ立てること。今日の雑音は雨よりも雲の影響だと思う。」 

と、いうわけで全ての車に効果があるとは言えないというのが彼の結論でした。
オーディオマニア特有の音の違い5割増を考慮してもうまくいく可能性は良くて半分半分と思われます。

 実際私の車も、両側が高い壁のような場所では受信状態が悪く、都会のビルの谷間なんかに行ったら「?」の状態かもしれません。

 「いい時はいいが、安定しない」 が正直な現状のようです。
申し訳ありませんが、全ての車の音が良くなる保証は無さそうです。」

 

なるほど~ケースバイケースによるということですね・・・
ただ、こういう改造はあれこれ自分で考えていじってるのがなにより楽しかったりします。
結果は結果で、ご自分が満足されれば大成功なのではないでしょうか。

ルーフテントのお客様は、こういうカイゼンDIYをものの見事にされる方が多いです!
大変勉強になります<(_ _)>Mさんありがとうございました!!