お客様の声

ルーフテントからキャンピングカーに乗り換えを決意したIさんの想い

フリードで、私と同じ「アーバンZ」をお使いのIさんよりメールをいただきました。
(以下原文を転載します)

「こんにちは!
以前、
マッツさんでアーバンZを、フリードに取付して頂いたIです。


ルーフテント、最高だったのですが、 車を乗り替える事になりまして、 ルーフテントを手放す事を考えております。
(中略)
ルーフテントで、さらに車旅の魅力に惹かれ、小さなバンコンに乗り替える事にさせて頂きました。
ポップアップではなく、ルーフテントならではの魅力があり、かなり悩みました。。
一人旅なら、断然ルーフテントかなって思ってます!
(中略)
ご対応頂きありがとうございます!載せ替えの工賃の件、承知致しました。
近々、お願いさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。
勝手ながら、画像を添付させて頂きました。
⇒素晴らしい写真ばかりでしたので、私だけのところに留めておくのはとても惜しいので、
 Iさんのご許可をいただきまして、すべて掲載させていただきました。

(ルーフテントと風景)






 

(ご家族とルーフテント)







 

(ご家族、おともだちの笑顔)






 

(夕景とルーフテント)



 

(続き)
やっぱり、ルーフテントも良いんですよねぇ。。
駐車場が許すなら、バンコン+ルーフテントが、私には理想です!

そうなのです。。私も写真を見返すと、手放すのが惜しくなります。。

 バンコンのポップアップルーフは着けましたが、
ポップアップルーフは室内高的に、「寝る」だけですからね。。
寝てみても天井近くて、棺桶感もあります(笑)

今回、子供達は残念がっています。

子供からすると、あの「ハシゴ なくなるの嫌」だそうです。。登り下りする行為が、自分達だけの「基地」って事みたいです。
マッツさんのルーフテントなら、車上の部屋としてコーヒー飲みながら外の景色を堪能できますからね。
寝転んでも、まんまベットで、「このまま帰りたくない」病に毎回なってました(笑)

また、防波堤などのような、壁に囲まれたところでも、ルーフテントならではの、その壁を越えた「上」からだから見られる景色が、マジ最高でした。

ちょっとした、海や、山でも自分だけの駐車場探しも楽しかったです。

意外と都心の湾岸エリアなどは、なんてな事ない駐車場でも、レインボーブリッジなどを見れる自分だけの夜景スポットになったりします。
我が家では川崎のコストコ帰りは必ず、ピザを持ち帰りにしてマイスポットで海を見ながら食べるのが恒例でした。

行楽地に行かなくてもルーフテントできる「絶景ちょいカフェ」は本当に魅力でした。

昨今の、くるま旅ブームですが、車中泊や、キャンピングカーは、「宿代わり」がメインですが、特にルーフテントは、「ルーフテントならでは」の独特な楽しみができるので、絶対的な魅力ですよね。

 

 あぁ、寂しい。。

 

 すみません。熱くなりました。。

写真ですが車のナンバーとかがわからくして頂ければ、どうぞどうぞです!
我が家が乗っていた証になりますね(笑)


 

 

(私の返信)

「Iさま おはようございます、マッツの松本です。素晴らしい画像をお送りいただき、ありがとうございます!!
菜の花畑の夕景の写真や、さりげないご家族やお子さんの写真、ため息が出るくらいスバラシイです・・・

写真を通して、Iさんのご家族への愛情みたいなのが伝わってきますね。Iさんがご家族と紡がれた思い出の中にうちのルーフテントも一緒だったと思うと、なんかちょっと感動してウルッときます(T_T)
とても嬉しい気持ちになりました。ありがとうございます!!」

 

(後記)

ルーフテントにはルーフテントならではの良さが、
キャンピングカーにはキャンピングカーならではの良さがあります。
それぞれの愉しみ方には違いがあり、ルーフテントは、決してキャンピングカーの代替品ではないんだと改めて感じました。

毎日の日常の中にもルーフテントをうまく取り込まれて、とても自然体でご家族の想い出を紡がれてきたIさん、
今回ルーフテントを卒業してキャンピングカーに乗り換えられますが、もっともっと新しい愉しみ方を見つけていかれるでしょうね!

旅という非日常を通して、ご家族で素晴らしい想い出をこれからもたくさん作っていってください!ご卒業おめでとうございます!!お世話になりありがとうございました(^^)/